手術後の発毛過程

[スポンサードリンク]

自毛植毛手術を行っても、すぐに発毛を実感することはありません。

個人差はありますが、生え揃うまでは数ヶ月~1年程度の日数がかかります。

特に、自毛植毛の場合は、既に生えている後頭部の髪を毛根と一緒に移植するため、手術してすぐに増毛効果が出ると誤解している人が多数います。

間違った認識を持たないためにも、植毛してから実際に発毛するまでの過程を見ていきましょう。

1.手術後、1ヶ月前後で脱毛が始まる

自毛植毛では、後頭部の毛髪を毛根と一緒に切り取って薄毛の部分に移植しますが、その時点で移植片には毛髪が付いています。

それを移植すると、一時的に増毛したように見えますが、実際は術後1ヶ月前後で、その大半が一度抜け落ちていきます

人によっては、植毛部位の周囲の髪も抜けることがあるため、「植毛したのに薄くなった」と誤解しやすいのですが、これらは新しい毛髪を生やすために必要なプロセスの一端であり、トラブルの類ではありません。

2.休止期に入る

髪が抜け落ちた後、毛根は一時的な休止期に入ります。

毛髪は発毛後、成長期、退行期、休止期を経て、再び発毛するというヘアサイクルを繰り返しています。

休止期はこのヘアサイクルのうち、新しい毛髪を育むための準備期間であり、この間、毛根はひと休みして、次の発毛に備えています

3.休止期を終えて発毛へ

2~3ヶ月の休止期を終えた後、休んでいた毛根は再び活動を開始し、産毛が生えてきます

約半年後にはほとんどの毛が発毛しはじめ、産毛も太く成長し、長さも伸びていきます。

個人差はありますが、早い人で6ヶ月、通常は約1年ほどで植毛部位、及びその周囲で抜け落ちた毛髪が生えそろい、自然な状態へと変化します。

自毛植毛の詳しい資料請求はこちら!
アイランドタワークリニック
「アイランドタワークリニック」
今注目の薄毛治療 自毛植毛の国内シェア率70.8%を誇る自毛植毛の権威的クリニック!
ウェルネス・クリニックグループ
「ウェルネス・クリニックグループ」
世界中で普及し、9割以上の植毛定着率を実現するボズレー式植毛を採用する大手クリニック!
ニドー植毛相談所
「ニドー植毛相談所」
国内で最もはやい1970年から植毛に取り組み、人工毛植毛では国内最先端を行く老舗クリニック!
Copyright © 自毛植毛 All Rights Reserved.