自毛植毛とは

[スポンサードリンク]

自毛植毛とは、自分の毛を脱毛部分に植毛するという植毛技術のひとつです。

拒絶反応を起こす可能性のある人口毛植毛とは異なり、自分の毛を植えつけるので、体が異物と認知する可能性が低く、拒絶反応を起こしにくいのが特徴です。

自毛植毛では、主に自身の後頭部の髪が植毛されます。

自毛植毛の歴史

自毛植毛は、1939年、奥田庄二医師が頭部の火傷痕に皮膚を移植したところ、毛髪が定着してよみがえったという報告をしたことから、その歴史は始まりました。

1960年代、アメリカのオレントライヒ博士の手によって「パンチグラフト法」が発表されたことで、ようやく自毛植毛は実用化されましたが、移植片が大きいために隙間が目立ち、自然な増毛には見えませんでした。

その後、自毛植毛の研究が重ねられ、1990年代初め、移植片をより小さくしたミニグラフト法が編み出されました。

現在ではさらに移植片の小型化が進められ、いろいろな植毛法が産出されています。

自毛植毛の種類

自毛植毛には、生みの親である「パンチグラフト法」を改良することにより生まれたさまざまな種類があります。

現在、オリジナルである「パンチグラフト法」は、精度に欠けるという理由でほとんど採用されていないため、以下ではそれ以外の種類について説明します。

マイクログラフト法

パンチグラフト法の精度を向上させたものです。

パンチグラフト法が毛10本程度を1株とするのに対し、マイクログラフト法は1~5本の毛を1株として植えつけるため、隙間が生まれにくく、より自然な仕上がりを実現することができます。

フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション(FUT)

現時点で最も一般的とされる植毛法です。

フォリキュラー・ユニット(FU)とは、髪が生える基本単位である毛包単位を指し、約1~4本の毛で構成されています。

FUTは、このFUで移植片を分け、脱毛部分に移植する方法です。

もっとも自然な形で移植されるため、他の方法よりも定着率が高いのが特徴で、仕上がりもごく自然な状態となります。

【自毛植毛の詳しい資料請求はこちら!】
アイランドタワークリニック
「アイランドタワークリニック」
今注目の薄毛治療 自毛植毛の国内シェア率70.8%を誇る自毛植毛の権威的クリニック!
ウェルネス・クリニックグループ
「ウェルネス・クリニックグループ」
世界中で普及し、9割以上の植毛定着率を実現するボズレー式植毛を採用する大手クリニック!
ニドー植毛相談所
「ニドー植毛相談所」
国内で最もはやい1970年から植毛に取り組み、人工毛植毛では国内最先端を行く老舗クリニック!
Copyright © 自毛植毛 All Rights Reserved.