自毛植毛のリスク

[スポンサードリンク]

自毛植毛が一般化するまでは、人工毛植毛が主流となっていました。

しかし、人工毛植毛は、そのリスクが問題視され、アメリカでは、FDA(アメリカ食品医薬品局)によって1979年より禁止されています。

人工毛植毛には、安全性において、以下のようなリスクがあるのです。

1.拒絶反応

人工毛植毛が敬遠される原因のひとつに、拒絶反応があります。

人工毛植毛は、合成繊維を擬似毛として頭皮に埋め込む方法ですが、人体の免疫機能が、この人工毛を異物とみなすことによって拒絶反応が起こる場合があります。

これにより、植毛部分が腫れたり化膿したりなどのトラブルが発生します。

炎症が起きると、頭皮が固くなったり凸凹になるなどの症状も起きやすく、頭皮環境が悪化してしまう可能性があります。

2.頭皮が壊死する可能性

上記のような拒絶反応による症状が重症化すると、感染症が起こるリスクも高くなり、最悪の場合は頭皮が壊死する恐れがあります。

自毛植毛の安全性

このようにリスクの高い人工毛植毛に対し、自毛植毛は安全性が高いことで知られています。

自毛植毛は自分の毛を移植するため、人工毛のように異物と認識されることがなく、拒絶反応による炎症や感染症の心配がないのが最大の特徴です。

また、自毛植毛は外科手術の一種ですが、頭皮や体へのダメージも少なく、重篤な後遺症の報告もなされていません。

人工毛植毛だけでなく、ヘアピースやカツラを装着する場合と比べても、頭皮が蒸れたりしないので、皮膚トラブルが起こりにくい植毛法と言えます。

現在ではさらに技術が進歩し、副作用などのリスクが減ったことはもちろん、施術の際に痛みを感じることも少なくなり、より安全に植毛できるようになっています。

自毛植毛の詳しい資料請求はこちら!
アイランドタワークリニック
「アイランドタワークリニック」
今注目の薄毛治療 自毛植毛の国内シェア率70.8%を誇る自毛植毛の権威的クリニック!
ウェルネス・クリニックグループ
「ウェルネス・クリニックグループ」
世界中で普及し、9割以上の植毛定着率を実現するボズレー式植毛を採用する大手クリニック!
ニドー植毛相談所
「ニドー植毛相談所」
国内で最もはやい1970年から植毛に取り組み、人工毛植毛では国内最先端を行く老舗クリニック!
Copyright © 自毛植毛 All Rights Reserved.