自動植毛機とは

[スポンサードリンク]

自動植毛機とは、コンピュータを搭載し、ドナー(移植のもとになる部位)採取やグラフト(株)分け、さらには植毛まで自動で行う植毛専用の機械のことです。

機能の使い分けも出来、グラフト分けまでは機械に頼り、植毛は医師が行うなどのアレンジも可能です。

自動植毛機の種類としては、フランスで開発された植毛専用機器「オムニグラフト」などが一般的です。

自動植毛機による自毛植毛のメリット

自動植毛機とは対照的な存在である手植え式の植毛法と比べて、自動植毛機の使用におけるメリットを紹介します。

・時間がかからない

自動植毛機によるドナー採取やグラフト分け、及び植毛といった一連の植毛作業は、すべてコンピュータで制御され、一定のスピードで行われるために、手植え法より格段に作業スピードが速くなります。

そのため、手術時間自体が短縮され、患者の負担が軽減されます。

・仕上がりが、医師やスタッフの技術に左右されない

植毛は一種の外科手術になるため、手植え法では常に一定量の技術を要します。

当然のことですが、技術量は医師によって異なるため、クリニック選びによって最終的な仕上がり結果が左右されることになります。

特に、植毛は作業量が多いため、医師だけではなく、スタッフと共同で施術する場合がほとんどです。

そのため、医師一人の技術のみならず、スタッフにも相応の技術力が求められます。

自動植毛機はその点、機械なので仕上がり具合にムラがなく、どこのクリニックで施術されても一定量の仕上がりを得ることができます。

・髪の生命力が損失しにくい

自動植毛機を使用すると、人の手が介入されるシーンが格段に減ります。

そのため、生命力を損なわないまま、高品質な状態で植毛することが可能となります。

自動植毛機による自毛植毛のデメリット

自動植毛機使用におけるデメリットは、一般的な手作業と機械作業の関係と同様、「熟練した医師の技術にはかなわない」という点に尽きます。

いくらコンピュータで制御されているとは言え、機械は患者の頭皮や髪の性質にいちいち合わせることは出来ないことから、良くも悪くも一定以上の成果を挙げることが出来ません。

たとえば、人の頭皮は平坦ではなく、多少の凹凸があるのが自然ですが、人の頭皮に合わせた細かい作業の出来ない自動植毛機は、平行にカットしてしまい、毛根を損傷する可能性が高くなっています。

つまり、一定量の技術を要さない医師やスタッフを抱えるクリニックにおける施術ではメリットが大きいですが、熟練した技術を持つ医師やスタッフが、患者の個性に合わせて行った施術の成果とはどうしても差が出てしまうというところが最たるデメリットと言えます。

自毛植毛の詳しい資料請求はこちら!
アイランドタワークリニック
「アイランドタワークリニック」
今注目の薄毛治療 自毛植毛の国内シェア率70.8%を誇る自毛植毛の権威的クリニック!
ウェルネス・クリニックグループ
「ウェルネス・クリニックグループ」
世界中で普及し、9割以上の植毛定着率を実現するボズレー式植毛を採用する大手クリニック!
ニドー植毛相談所
「ニドー植毛相談所」
国内で最もはやい1970年から植毛に取り組み、人工毛植毛では国内最先端を行く老舗クリニック!
Copyright © 自毛植毛 All Rights Reserved.