マイクロ・グラフト植毛とは

[スポンサードリンク]

マイクロ・グラフト植毛とは、移植部位のもととなるドナーを採取した後、毛髪1~3本ごと、大きさにして約1mm程度のグラフト(株)に分けて、植毛針などで1本ずつ植えていく植毛方法です。

FUTと呼ばれる方法と共に、現在の日本国内で最も一般的な植毛法として普及しています。

マイクロ・グラフト植毛のメリット

マイクロ・グラフト植毛の原型であるパンチ・グラフト植毛は、1グラフトにつき植毛本数が10本以上と多く、サイズも3~4mmと大きいため、隙間が目立ち、自然な仕上がりは望めませんでした。

この問題を解消するために、グラフト分けを小型化し、極力隙間を発生させないように改良されたのがマイクロ・グラフト植毛です。

そのため、マイクロ・グラフト植毛ではより自然な仕上がりとなり、また、毛髪の向きも調節できるようになったことから、不自然さはさらに解消されています。

植毛針での施術のため、痕が残りにくく、生え際などの目立ちやすい部分にも適しています。

マイクロ・グラフト植毛のデメリット

グラフトが小型化された分、緻密な作業が必要となったため、グラフト分けに時間がかかるようになり、手術中の患者の負担が増えてしまったのがネックです。

また、作業が高度になったため、医師の技術によってその仕上がりに大きな差が出るようになってしまいました。

そのため、クリニック選びの時点で、医師の技量を見極める必要があります。

近年のマイクロ・グラフト植毛

従来のマイクロ・グラフト植毛は、上記のように1単位につき毛髪1~3本というような毛髪単位でグラフト分けを行ってきました。

が、その後、毛包単位でグラフト分けするFUTと呼ばれる植毛方法が誕生しました。

毛包とは毛根を包んでいる部分のことで、毛包単位でのグラフト分けは最も自然な方法として高く評価されています。

そのため、最近ではマイクロ・グラフト植毛でも毛包単位でのグラフト分けを取り入れるようになってきており、従来のものより定着率が高まるなどの改良を見せています。

自毛植毛の詳しい資料請求はこちら!
アイランドタワークリニック
「アイランドタワークリニック」
今注目の薄毛治療 自毛植毛の国内シェア率70.8%を誇る自毛植毛の権威的クリニック!
ウェルネス・クリニックグループ
「ウェルネス・クリニックグループ」
世界中で普及し、9割以上の植毛定着率を実現するボズレー式植毛を採用する大手クリニック!
ニドー植毛相談所
「ニドー植毛相談所」
国内で最もはやい1970年から植毛に取り組み、人工毛植毛では国内最先端を行く老舗クリニック!
Copyright © 自毛植毛 All Rights Reserved.