ニードル式とは

[スポンサードリンク]

ニードル式の自毛植毛は、韓国・国立慶北大学医学部のキム教授が開発し、1992年に「バンドル・ヘア・トランスプランテーション」として発表した自毛植毛法のひとつです。

植毛針の開発者の名前を取って「Choi式」と呼ばれる場合もあります。

細い専用の植毛針を使用して、株分けされたドナー(移植のもとになる部位)をひとつずつ植えつけていく方法です。

肌が黄色いために白い傷痕が目立ちやすい上、1つの毛穴から生えている髪の本数が少ないといった性質を持つ東洋人向けの植毛法として、日本や韓国で特に普及しています。

ニードル式のメリット

ニードル式のメリットは、まず第一に施術手順の簡素化にあります。

スリットを入れて植毛するまでに二段階必要とするスリット式に対し、穴あけと植え込みが同時に行えるニードル式は、手軽というだけでなく、出血が少ないことや、植毛部位の傷痕も残りにくいのが特徴です。

また、植毛を1グラフト単位で行うため、植えつける方向や角度の自由度が高く、柔軟なヘアスタイルのデザインが可能です。

たとえばパンチグラフト式では、毛根の方向とは無関係に機械的にドナーをカットするので、毛の方向やグラフトの高さなどの調整が利かず、自然な仕上がりは望めません。

ニードル式はスピーディかつローコストな植毛法とされ、主に生え際や分け目などの、比較的植毛数の少ない部位に適用されます。

ニードル式のデメリット

ニードル式のデメリットは、植毛密度に限界があることです。

その密度は、正常毛髪部位の約5割とされており、少々まばらな感じがするのは否めません。

また、ショックロスと呼ばれる、植毛部位周辺の毛が抜ける症状が起こるリスクも若干高く、抜けた毛は後に戻りますが、一時的な薄毛状態が起こりやすいとも言えます。

自毛植毛の詳しい資料請求はこちら!
アイランドタワークリニック
「アイランドタワークリニック」
今注目の薄毛治療 自毛植毛の国内シェア率70.8%を誇る自毛植毛の権威的クリニック!
ウェルネス・クリニックグループ
「ウェルネス・クリニックグループ」
世界中で普及し、9割以上の植毛定着率を実現するボズレー式植毛を採用する大手クリニック!
ニドー植毛相談所
「ニドー植毛相談所」
国内で最もはやい1970年から植毛に取り組み、人工毛植毛では国内最先端を行く老舗クリニック!
Copyright © 自毛植毛 All Rights Reserved.