パンチ・グラフト(パンチ法)とは

[スポンサードリンク]

パンチ・グラフト(パンチ法)とは、1959年にアメリカのオレントライヒ博士の手によって開発され、自毛植毛の原点とも言うべき植毛方法です。

後頭部などから採取したドナー(移植のもととなる部位)を、約10本の毛髪を含む直径3~4mmサイズのグラフト(株)に分け、植えつけていきます。

主に1960年代~1990年代初頭まで植毛法の主流とされており、現在のミニ・グラフト植毛やマイクロ・グラフト植毛の原型となる植毛法ですが、前者二つの登場はもとより、以降に開発された画期的かつ高精度の植毛方法の誕生により、現在ではほとんど行われていない植毛法となっています。

パンチ・グラフト法のメリット

さまざまな植毛法が軒を連ねる現代で、パンチ・グラフト法のメリットというものはほぼ存在しませんが、あえて言うなら、ミニ・グラフト植毛やマイクロ・グラフト植毛より施術が簡単であり、時間もそれほどかかりません。

これはグラフトサイズが大きいためにグラフト分けが容易であることが原因ですが、それゆえに仕上がりに影響が出るため、現時点ではメリットとは到底言えません。

パンチ・グラフト法は、自毛植毛を確立し、その後ミニ及びマイクロ・グラフト法などの画期的な植毛法を生み出したという点で、その功績が称えられる植毛法です。

パンチ・グラフト法のデメリット

上記の説明でもわかる通り、パンチ・グラフト法は仕上がりの不自然さが最大のデメリットとなっています。

グラフトが直径3~4mmと大きく、余分な部分も多いことから、他の植毛部位との間に隙間が開いてしまい、地肌が目立つなどのまばら感が否めませんでした。

また、毛髪の向きや高さなども調節が利かず、本来の毛の流れに沿わない植毛となってしまうため、まばら感と合わせて不自然さが拭えない出来となります。

パンチ・グラフト法からミニ及びマイクロ・グラフト法へ 以上の理由により、植毛法としては不自然な仕上がりとなるパンチ・グラフト法でしたが、当時は唯一無二の方法として重宝され、長い間植毛法の要として活用されてきました。 そして、1990年代、このパンチ・グラフト法の改良版としてミニ及びマイクロ・グラフト法が開発され、事実上、パンチ・グラフト法の役割は終わりを告げました。 しかし、原型なくしてその後の改良はあり得ず、現在の様々な自毛植毛法は、パンチ・グラフト法が影響していることは動かしがたい事実となっています。
自毛植毛の詳しい資料請求はこちら!
アイランドタワークリニック
「アイランドタワークリニック」
今注目の薄毛治療 自毛植毛の国内シェア率70.8%を誇る自毛植毛の権威的クリニック!
ウェルネス・クリニックグループ
「ウェルネス・クリニックグループ」
世界中で普及し、9割以上の植毛定着率を実現するボズレー式植毛を採用する大手クリニック!
ニドー植毛相談所
「ニドー植毛相談所」
国内で最もはやい1970年から植毛に取り組み、人工毛植毛では国内最先端を行く老舗クリニック!
Copyright © 自毛植毛 All Rights Reserved.