スリット式とは

[スポンサードリンク]

スリット式とは、植毛部位にメスで切り込み(スリット)を入れ、ピンセットなどでドナー(移植のもとになる部位)1つずつ植えつけていく植毛方法です。

植毛先進国の欧米では、このスリット式が主流となっており、メスの使い方やスリットの方向などについて、様々な方法が模索されています。

現代において、最も一般的な植毛法とされるFUT(フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション)もスリット式の一種です。

スリット式のメリット

スリット式は、一度に比較的多くの毛髪を植えることができるため、時間とコストを削減できます。

植毛の密度を高くすることができるのも特徴で、移植する毛髪の量が多くなる頭頂部などの、広範囲に渡る植毛に適しています。

また、植毛部位周辺の、元からあった毛が抜ける症状(ショックロス)が起きるリスクが少ないこともメリットのひとつとなっています。

さらに、スリット式では、休止期に入っていて毛の抜けた状態の毛根も移植することが可能なので、ドナーを無駄にすることがありません。

他の自毛植毛方法として、スリット式とよく比較検討されるニードル式は、休止期に入っている毛根の植毛は不可能なので、無駄のなさという点ではスリット式に軍配が上がることになります。

スリット式のデメリット

逆に、ニードル式に分があるポイントとして、グラフト(株)を植えつける方向や角度の問題があります。

ニードル式は自由度が高く、ヘアスタイルを柔軟にデザインすることが可能ですが、スリット式はニードル式に比べると方向や角度に対する柔軟性に欠けます。

また、スリット式は、仕上がりが医師の技術に大きく左右される植毛法であり、スリット式に熟練した医師の手にかからないと満足の行く仕上がりが望めない場合があるばかりか、場合によっては頭皮に傷や凸凹が出来てしまう可能性もあります。

そのため、スリット式を選ぶ際は、さらに慎重にクリニック選びを行う必要があります。

自毛植毛の詳しい資料請求はこちら!
アイランドタワークリニック
「アイランドタワークリニック」
今注目の薄毛治療 自毛植毛の国内シェア率70.8%を誇る自毛植毛の権威的クリニック!
ウェルネス・クリニックグループ
「ウェルネス・クリニックグループ」
世界中で普及し、9割以上の植毛定着率を実現するボズレー式植毛を採用する大手クリニック!
ニドー植毛相談所
「ニドー植毛相談所」
国内で最もはやい1970年から植毛に取り組み、人工毛植毛では国内最先端を行く老舗クリニック!
Copyright © 自毛植毛 All Rights Reserved.