単一植毛とは

[スポンサードリンク]

単一植毛とは、採取したドナー(移植のもととなる部位)をグラフト(株)分けし、専用の植毛針を使用して1本1本植えつけていく植毛方法です。

ニードル式、または植毛針の開発者の名前を取ってChoi式とも呼ばれています。

穴あけと植え込みを同時に行うことが出来るため、手軽でスピーディな植毛法とされています。

単一植毛のメリット

単一植毛を行った際のメリットについて、主に以下のものが挙げられます。

仕上がりがナチュラル

単一植毛の場合、一本一本植毛していくので、毛髪の角度やグラフトの高さの自由が利くことが特徴です。

毛髪は一方向に向かって伸びているものばかりではなく、部位や個人差によってそれぞれ向きが異なっているのが自然です。

植毛法の原点であるパンチグラフト法などは、この自由が利かなかったために仕上がりが不自然になるのがネックでしたが、単一植毛ではヘアスタイルを柔軟にデザインすることが可能です。

そのため、より自然な仕上がりを期待することができます。

生え際、眉などの細部に最適

1本ずつ植え込んでいく細かな作業であるため、細部となる生え際や眉などの植毛に適しています。

特に、生え際や眉は不自然さが目につきやすいところなので、細かなデザインも可能な単一植毛がおすすめです。

傷痕が残りにくい

植毛部位にまず切り込みをいれ、それからピンセットなどで植えつけるスリット式とは対照的に、単一植毛は針による施術なので、傷痕が残りにくくなっています。

さらに、術後の痛みや出血も少ない点がメリットです。

単一植毛のデメリット

上記では単一植毛ならではのメリットを紹介しましたが、逆に、単一植毛だからこそのデメリットも存在します。

時間がかかる

1本1本植えていくため、その分膨大な時間を要します。

特に、植毛数が多い施術となると、スタッフと数人がかりでやってもかなりの時間がかかることになるため、広範囲での植毛では単一植毛はおすすめできません。

密度に限界がある

1本ずつの植毛であるため、どうしても密度が低くなります。

毛髪が太くて濃い人は良いですが、細くて薄い人は望むような結果が得られない可能性があります。

ショックロスのリスクが高い

植毛部位周辺の、もとから生えていた毛髪が抜けるというショックロスを起こすリスクが、スリット式より高くなっています。

ショックロス自体は後から改善されますが、一時手的な薄毛状態は避けられません。

単一植毛の種類

単一植毛は、基本的に毛髪単位における1単位で植え込むものですが、近年では、より自然な仕上がりを求めて、グラフト分けを毛包単位で行う方法が採用されています。

単一植毛において、毛包単位での植毛方法はバンドル植毛と呼ばれ、単一植毛のメリットはそのままに、高密度な植毛を行うことが出来るので、まばら感が少なくなり、従来の単一植毛でのデメリットを補うことが出来ます。

自毛植毛の詳しい資料請求はこちら!
アイランドタワークリニック
「アイランドタワークリニック」
今注目の薄毛治療 自毛植毛の国内シェア率70.8%を誇る自毛植毛の権威的クリニック!
ウェルネス・クリニックグループ
「ウェルネス・クリニックグループ」
世界中で普及し、9割以上の植毛定着率を実現するボズレー式植毛を採用する大手クリニック!
ニドー植毛相談所
「ニドー植毛相談所」
国内で最もはやい1970年から植毛に取り組み、人工毛植毛では国内最先端を行く老舗クリニック!
Copyright © 自毛植毛 All Rights Reserved.